■日本は韓国に対して「教えず、助けず、関わらず」の
否韓三原則を貫くべきだ!
韓国で活発化する「親日派狩り」〜反日正義の韓国は何とも殺伐とした社会である。〜

 日本の同盟パートナーではない韓国
 韓国という国家の民主主義の成熟度や国民性と明らかに関連があるとみるのが国際的な常識である。だから韓国を正面から相手にする日本やアメリカは、「大統領の末路」が象徴する韓国の特質を常に念頭において対処しなければならない。
 日本にとっての韓国の重要性を考えると、最も重要な構成要素はやはり安全保障だろう。安保面では、日本も韓国もアメリカの同盟相手である。だが、ここでは「友の友は友」という法則は通用しない。韓国はアメリカの同盟国であっても、日本の同盟パートナーではないのである。とくに、韓国は日本との関係の中心に、いつも陰に陽に「歴史問題」を据えてくることを忘れてはならない。 こうした韓国の特徴の数々を、私はワシントンで米韓関係や米韓日関係のうねりを追うことによって認識した。そこで見てきたのは、韓国という国家や民族の表と裏、日本側の本音と建前など、一筋縄ではいかない屈折したうねりの現実である。  韓国の文在寅政権誕生によって日米韓三国関係がどう変化するのかを占う際は、まずはこうした過去の実態を知ることが大前提となろう。
(古森義久、
全文を読む⇒クリック

【韓国の反日・その背景と現状】
■本質は変わらない韓国という国
◆韓国はなぜ反日か?  ◆小中華思想  ◆日韓併合時代の真実  ◆歴史を修正した李承晩大統領  ◆なぜ韓国人や朝鮮人が戦勝国づらをしているのでしょうか?  ■慰安婦問題はもうウンザリです  ■捏造された「慰安婦」問題  
「従軍慰安婦」は韓国の対日プロパガンダ!
@韓国挺身隊問題対策協議会  AVoluntary Agency Network of Korea(VANK)  通称:「民間外交使節団」  
B東北アジア歴史財団  C「慰安婦の碑」を全米各地に建てようと目論 む韓国
■安易な「移民受け入れ」は要注意!(上)〜 在日韓国・朝鮮人

日本周辺の現状 日本 米国・米州 中国・台湾 朝鮮半島 ロシア・欧州 その他の国

朝鮮半島 〜朝鮮半島の南北が統一しても、核とミサイルは残る・・・それは日本にとって脅威だ!〜


 北朝鮮、「水爆実験」と発表 過去最大規模で核保有へ着々
 
■北朝鮮による核実験・弾道ミサイル発射について



■ミサイルより恐ろしい・・・北朝鮮「浸透工作員とは何者なのか
■日本に自由に出入りする「北朝鮮工作員」驚くべき実態
■日本から姿を消した「北朝鮮工作員」が、騙した「妻」に贈った小包
■日本で生まれ育った若者が「北朝鮮工作員」にされるまで
「取るに足らない日本列島の4つの島を核爆弾で海中に沈めるべきだ」「日本はもはや、われわれの近くに置いておく存在ではない」